落語怪談 其の七「関西人のはらわた」 笑福亭羽光

とある民宿の初代のオーナーは関西人にイジメられた事を苦にして自殺した。それ依頼、その民宿に関西人が泊まると、そのオーナーは幽霊となって出てくるようになってしまった。ある日、東京と関西の若者が二人でこの民宿を訪れた。幽霊の話を聞いてビビるも帰りの足が無く、しぶしぶ泊まることにるのだが…

笑福亭羽光

【恐怖バラエティ】
(C)RIRE.inc